So-net無料ブログ作成

本[4]骸骨(がいこつ)を乞(こ)う 彩雲国秘抄・備忘録(ネタバレ) [本]

[本][ペン]彩雲国物語メモ(王家の系図・登場人物・声優)09/30    彩雲国物語
[本][1]彩雲国物語①-⑫・備忘録(ネタバレ)10/1
[本][2]彩雲国物語⑬-⑯・備忘録(ネタバレ)10/2
[本][3]彩雲国物語⑰-⑱・備忘録(ネタバレ)10/3
[本][4]彩雲国秘抄 骸骨(がいこつ)を乞(こ)う・備忘録(ネタバレ)10/4[ひらめき]
[本][5]彩雲国物語「彩なす夢のおわり」備忘録(ネタバレ)10/5
☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆
00a1表紙30.jpg【骸骨(がいこつ)を乞(こ)う】雪乃紗衣・角川書店・2012.3
骸骨を乞う」⇒P496「
今宵を限りあなたに捧げたこの身、
お返しいただきましょう。我が
君」去るときの言葉

彩雲国最終巻から約10年間の話「彩なす夢のおわり」の
fan_000a 45.jpg秀麗のイラストでは目が小さく描かれ「大人の女性」
になった。結婚前の秀麗とは全く違い、劉輝に靴を
はかせてもらい、髪を洗ってもらい、ご飯を食べさせ
てもらう等妊娠中とはいえすっかり甘えてる。劉輝
も喜んで尽くしている。秀麗の命が出産と引替えに
尽きると解っているので、
劉輝は子供を愛せるか
不安
・・・その時が来て劉輝が我が子を愛せるよう
に、秀麗は1年かけて準備『大丈夫だから。私はいなくなったりしない

雪の骨:悠舜】☆もう涙・涙。書いたBlogを読み返してまた涙・・・
 悠舜が劉輝を選んだ理由が悠舜の言葉でこれでもかと語られてる
P20《旺季殿と凌晏樹には、大官達から恩赦陳情書が続々届いて
 いますが、あなた方(静蘭・楸瑛・絳攸)にはこの三年の責任をとり
 退官処分の要請が御史台に山程来てます》☆3人には厳しい!
P36悠舜倒れる⇒転地療養を薦める声の中、劉輝は退官認めず
P37《楊修殿は、私よりも若くて、独身で・・・》凛を腕の中に抱き寄
 せた☆悠舜の焼きもち!凛への愛がいっぱい!
P38悠舜は赤子が《燕青みたいになる気がする》と心配し、凛は
 《燕青みたいならいい》☆赤子は1才ちょっと、きっと男の子ダ
P53回顧《茶州でゆっくり休めばいいさ。治らなければ、俺が掌に
 乗っけて運んでやるから》十代の茶州州牧燕青。彼と過ごした十年
 は悠舜に休暇をくれた。燕青の傍にいると深く深く息が吸える
P58回顧:晏樹は紅家当主(黎深父)に取り入り、侍僮(じどう)として
 黎深の傍にいて、少年悠舜を拘束したP67《紅家が足の腱切っち
 やったもん。姫家なら仙術とかで逃げるんじゃないかって・・・》
P74回顧:戩華拘束《こういう言葉があるそうだな。
この世にはどん
 な複雑な謎でも、完璧に解ける者が二人いる。一人は藍家にもう
 一人は紅家に
。お前のことだろう、風麟!》旺季が助ける《悠舜を
 抱きしめ囁いた「大丈夫だ氷の心から何かがとけていく気がした
P89《終わりの先で待っていろ、そんなに遅刻はせん》☆旺季泣かせる
漢詩『最期の先で君を待つ。そしてまた盃を酌み交わし、夢を見よう
P90《怒っているか?》《いいえ》《余を嫌いになったか?》《いいえ》
 《嘘だ。起きろ、悠舜。頼むから》悠舜はその言葉に微笑んだ。
 ずっと願っていた、ただ一人の主君《お前が必要なのだ》と声が
 する。それは旺季からは一度も聞こえてこなかった願い。
欠落を
 埋められる者。もう片方の翼
《余の願いを叶えると言った》悠舜は
 笑った《嫌ですよ。体力も時間も残っていません。我が君》
まさか
 死ぬまで傍にいてほしいというほど、必要とされるとは思わなか
 った
《死ぬのは許さない》それがどんなにか贅沢で幸福な言葉
P94璃桜を養子にするのを積極的に同意した王《秀麗に子供かでき
 なくても構わない》親兄弟に折檻され無視され、
他人の愛情だけを
 糧(かて)としてきた彼が一番厭(いま)わしいのは多分『自分の血
 忘れ去られた暗闇の箱。消えてなくなりはしない。別の形で顔を
 のぞかせる。異様な人懐(なつ)こさや、愛する者への執着で・・・
P96残して逝きたくない。一緒に連れていきたい。それができない
 ならせめてもっと生きたかった《もう、待たなくていい》二年前、
 そういって悠舜の手を離した優しい王も、嫌だと駄々をこねて手を
 離さない今の王も、どちらも好きだった《我が君お時間です。
骸骨を
 乞う
ときがきたようです。
私は、あなたに最期まで必要とされて、
 とても嬉しかった。誰も殺すことなく・・・我が君に最後まで信頼
 され・・・
》折れそうなほど強くかき抱かれる。熱い涙が悠舜の肩に
 おちる《大丈夫ですよ、我が君》悠舜の姿が見えないと心細げに
 さがしにきた王《我が君。私がそう呼ぶのはあなただけです
 夏の終わり。凛と我が子に最後に微笑み、静かに目を閉じた
P100☆悠舜の後景柚梨が宰相になる。悠舜は柚梨が晏樹に盾突いた
 あの時次の宰相に決めた。王の心臓の尚書令位を贈られたのは
 悠舜だけ。王の寵愛(ちょうあい)を深くした理由は、誰も知らない

霜の軀(むくろ):旺季
[第一章 うたかたの白い記憶]
P105朝廷を辞して十年近く。悠舜が逝ってから、もう八度目の秋。
P114璃桜は十五すぎから、父譲りの冷たい雅(みやび)さが加味さ
 れ、端整で、清廉で涼やか、硬質な美貌。ずけずけとした物言いも、
 王の知る昔の旺季と重なる。
璃桜を通して、彼の祖父を見てしまう。
P120回顧《弟は、こちらへ》第二公子清苑がそこにいた。いかにも
 聡明で、そつのない優秀な芝居。陶器の人形のようなつくりもの
 の笑顔。明晰さゆえ自分の信じるものを譲らず、一度敵と見なしたら
 徹底的に排除する《旺季将軍、劉輝を助けてくださって、ありがとう
 ございました》礼は心からのもので末弟を思う気持ちに偽りはない
P136回顧:晏樹大事な人間よりとっさに自分を守る子供なんです
 愛されるためにニコニコする。立派な防衛本能》戩華と同じことを言う
P129回顧:化粧具に劇薬⇒悲鳴⇒怖くて母の大事なお守りを池に
 捨てる⇒第六妾妃が池に浮かぶ⇒劉輝、助けようとした旺季の袖を
 つかむ⇒戩華が飛び込んだけどあがってこない⇒自殺か戩華が死
 ぬまで水中で待ったか?事実は誰も知らない。
P140回顧《それが、あなたの精一杯の愛し方だったのでしょう》旺季
 の声。浮かんだ死体、十年前にボンヤリと思いだしている
[第二章 紫の公子と雪の夜]
P145王は一人で柩の傍で泣いていた《余が、悠舜を殺したのだ》旺季
 《それがあなたの精一杯の愛し方なのでしょう》計り知れない喪失。
P148回顧:清苑公子を劉輝公子の目前で捕縛したのは、旺季だった。
 末公子は表情豊かになり、ふっくらとし小綺麗になっていた。それは
 清苑の手柄。清苑を待つ間、一緒にお絵かきやお手玉で遊んだ
 五歳の子供に尋ねる《本当にしたいことはないのですか》
P157回顧:清苑を捕縛後二年。もっとも聞こえの高かった清苑公子を
 落としたことで、朝廷中を敵に回した。配下たちが次々左遷、変死、
 謀殺され、娘の飛燕まで襲撃され、皇毅とともに地方へ逃がした
P161回顧『蒼遙姫』別れを告げる曲。茂みから転がり出てきた末の
 公子《始末しろ!》劉輝公子を拾い上げ血しぶきの中切り抜けていく
P165回顧:旺季は気まぐれを起こした《劉輝公子、一緒にきますか?》
 人の好意にすがりついて生きる公子だが《いいえ、行けません》と断
 った。
嫌なことを残らず忘れる術は、この最悪の現実から逃げない
 ために公子ができる、たった一つの方法
だったと気づく《
僕が本当に
 したいこと。ここで、兄を待たねばなりません》P171ようやく気づ
 いた。旺季が生きて朝廷に帰ってくる時は、この公子の敵としてだ。
[第三章 骸骨の黒き公子]
P187回顧:戩華20才過ぎvs旺季13才《それは男のよく知った瞳
 だった。かつて家を裏切り、自分と一緒に逃げた旺家の末娘の目
[第四章 先の見えない灰色の世界]
P201回顧:旺季が再び王都に帰還したのは十年後、旺季は四十の
 半ば、戩華も五十を過ぎていた。一目で戩華王の死期を悟った。
 腕中に呪詛の文様。縹家。黒狼の姉を殺し、娘の飛燕も殺した女
P211《今日は荀馨(じゅんけい)将軍について聞かせてくれ、慧茄
 《あの手この手であなたの祖父のことを聞きたがってるんですよ》
P215荀馨様は、旺一族が死地から救い出し、旺季の初陣から後見
 を引き受けた。戩華王と戦い、旺季を守って討ち死にする『
大丈夫
 ですよ
』が口癖、《骸骨を乞うことをどうかお許しください、我が君》
P221王からの恋文ならぬ鰻文が添えてあった箱、藁人形が入ってた。
 顔がにっこり笑ってる。なぜか長髪。旺季は不覚にも吹いてしまった。
 落ちた草笛《本当にしたいことは何ですか、あなたは言ってくれました》
[第五章 蒼の君のさいごの旅]
P224王はぎゅっと盃を干した。慧茄はぞわりと総毛立った。
その仕草
 が、目が、やけにあの男とかぶって見えた。王の父親、覇王戩華。
 《余はもう一度、旺季を朝廷に呼び戻したい。やってくれるか、慧茄》
P225この十年で錆びついていた頭脳が動きはじめる。榛蘇芳の顔を
 見て、皇毅や晏樹から届く情報と合わせ、すぐにおおよそを察した
 《俺は嫌な予感がしてて、山賊の後ろに中央官吏がいる気がします》
P232《あの山に立てこもったら十年前と同じ。自分の手を汚さなくても
 あなたを片付けられる。凌晏樹サン今どこです?》《中央官吏の狙い
 は私ではない。紅秀麗の謀殺。私はおまけだ》☆今『官吏殺し』の
 異名を持つのは秀麗28才P248蘇芳に近辺の将軍達宛に書簡を届
 けさせ、紫装束をつけ「干將」を持ち秀麗とおばあさんのとこに急ぐ。
[第六章 紅雪孤影]
P259秀麗の前に白い狐の面P271旺季は秀麗を馬上に引き上げ、
 敵を倒す《今、私を
助けてくださったのは、あなたのやり方です。
 私のやり方でも、王でもなく
》P272《そろそろ、出てくるんだな》狐の
 面をはずす。十年前王を庇(かば)って肩を貫通した矢を射た男。
P278《獏。主君は私だ。お前の望みを叶えてやろう》干將がしなって、
 首が落ちた《これが、私のやり方だ》P282《死ぬのか》《
普通訊きま
 すかそういうこと。本当に璃桜君そっくり
。私、長生きするんです》
 旺季の周りの女たちは、みんな若くして死んだ。妻も、娘の飛燕も 
 黒狼たった姉も。旺季は指を伸ばし、秀麗の頬にふれ、頭を撫でた
[第七章 夜明け前の藍色の箱]
P285室に黒い影《戩華は、死ぬのか》《是》他人が戩華の最期を支配
 する。ふざけるな。縹家の女ごときの呪いで死ぬ?《待て。私がやる》
 自分の手で壊した。深い喪失。P293旺季は声なく泣いた。自分の
 半分が欠落した。旺季の薄闇の宝箱☆この時の旺季を劉輝が目撃
P294晏樹が迎えにくる。悠舜の庵に連れて行く。P304負けどおし。
 でも
最後の最後。女二人をちゃんと守れた。一人でも。だから勝った
 と胸をはれる
草笛とヘンな藁人形も、最後に宝箱に入れる。山家
 で紅秀麗と会ったのを最後に、旺季の姿は忽然と消え失せた
 余命幾ばくもない身で、秀麗を肋けるために殺した数は五十を数えた
 王が、最後まで取りこむことができなかった者、旺季P306山家の変
 のひと月前から姿を消した凌晏樹こそ山家の変の黒幕と言われる。

[北風の仮面:晏樹]☆僕は・・・と晏樹の一人称で書かれてる
P330晏樹は母の代からの「仕事人」戩華からも依頼される。初仕事は
 6才、報酬は「桃」、依頼で母を殺し家に火をつける。新太守旺季が
 助けるP334旺季は(霄)宰相の抹殺予定表の順番で先まわりしてる
P349宰相の『依頼』紅門筆頭姫家を滅ぼす。手伝えって・・・
☆それで晏樹が、先先代紅家当主に取り入った。戩華の依頼だった。
P362晏樹は引きとった「美少女」を胡蝶と名づけ、貴陽姮娥楼に紹介
 したが、「旺季都落ち」の知らせで少女ごと置き去りにして消えた 

[氷の心臓:劉輝]
☆リオウ君⇒璃桜君 璃桜が秀麗(養母)を呼ぶ:おまえ⇒
あなた
 秀麗は璃桜より8才年上⇒璃桜22才・モテモテ美青年に成長
P433秀麗結婚を決める《山家のとき。あの人最後に私のところにき
 たの。真っ青な顔で入ってきて、ただ私を抱きしめて・・・
私のことを
 自分より大事に思ってくれてた。そのまま帰ろうとしたの。そのとき
 これからの私の時間を残らずこの人にあげようと思ったのよ。
 もっと穴だらけになるかもしれないのに、私を選んでくれた人。
 私が応えるには、今すぐじゃなくちゃって。私の時間がある限り》
P439絳攸《
あれだけ王に必要とされる宰相が、どんなに幸福かは
 俺たち臣下しかわからないことだ。転地療養を拒否したのは悠舜様
 今の俺ならいえる。心の底から本望だ》☆リオウ父の目を大きくして
00リオウ君22才予想 45.jpg22才の璃桜君はこんなかんじ?P444《璃桜君は
義母(はは)とは言わないのね》《他の女性なら
呼んだかもしれないが、
あなたを義母と呼ぶ気は
ない
です》P450《妹だと、あなたに似てるかな・・・》
《劉輝に似てる女の子かもしれないじゃない》《そん
な甘ったれで、ねだりやな妹は面倒臭くて絶対嫌だ
な・・・》《私もこの子も、あなたのお祖父様がいた
 から、こうしていられるのよね》P451璃桜は梨を后妃の口に入れる。
 秀麗驚く《あなたは大事にされる価値のある女だよ》☆璃桜君たら
☆秀麗はいつも劉輝の両手を握り、胸に抱かれ、背にもたれ、膝で
 眠り、子守歌を歌う
大丈夫だから。私はいなくなったりしない
P482《ちょっぴりの時間が終わったのね。劉輝。もうすぐまた、桜の
 季節がくるわね・・・》冬の終わりに、静かに息を引きとった
 享年三十歳。娘を産んでふた月も経たぬ、雪の降る日のことだった
P483火がついたように赤子が泣いていた。寂しい室で泣き続ける。
 娘が奪ったのではなかった。娘もまた喪ったのだ。大事な一人の
 人を。后妃にいっぱい愛され、娘がいっぱい愛した人。王が心から
 愛し、愛してくれた人。初めて抱き上げた。
后妃を毎目抱きしめた
 胸でそっと揺らす
。后妃が毎日口ずさんでいた子守歌を歌う。
 
とけてしまった彼女の手。頬。背中。胸。子守歌・・・彼女の心
 『大丈夫。私はいなくなったりなんてしないのよ』☆この言葉の
 意味を実感するんダ!1年かけてこの時のために準備してたから・・・
☆秀麗は静蘭、絳攸宰相、藍将軍にそれぞれ一つだけお願いをする
P432『静蘭、一つだけお願い。劉輝の姿が見えなくなったら、探して、
 見つけてあげてね。一人が好きじゃないのに、どうしてか落ちこむと
 一人になる癖があるの。不思議ね。静蘭がいると劉輝は元気になる
 の。もしかしたら私より。どこにいても、見つけてあげてね』
P440『絳攸様、お願いしてもいいですか。もしもあの人が一人で座っ
 てたら、どうか立てるまで傍にいてあげてください。手を握って引っ
 張りあげてください。そうしたらあの人は、きっと大丈夫』
P458『藍将軍、一つだけいいですか。劉輝が一人でボンヤリしてたら
 見てやってください。いつ泣いていいか、多分よくわからないままな
 んです。私の前でもです。だから藍将軍にお願いします。もし泣き
 そうだと思ったら、傍にいてください。そうしたら、大丈夫』 

風化:仙
P493戩華王の死ぬ間際、室の片隅の影は黒髪の宰相。紫仙なら
 人間の女ごときの呪詛など簡単にとける。けれど何もしなかった。
 変えられるのは死因だけ。そうして首の骨が析れる音を聞いた。
P496《
今宵を限り、あなたに捧げたこの身、お返しいただきましょう
 我が君》古い時代の言葉。主君への最後の別れ。去るときの言葉
 願わくは、骸骨を乞いて帰らん。その後も数年、朝廷に留まった。
紫仙がずっと留まる理由は、誰にもわからなくて、やってきては、去っ
 てゆく。何度も、何度も。すべての記憶を消去して
。なんのために。
今日は紅秀麗の葬儀。宋隼凱。満天の夜。盃を置いた。三つ。
鴛洵
 (えんじゅん)と、自らと。十年前から、一つも変わらぬその位置へ。
 ありえない。記憶の操作の及ばぬ者がいるわけない。紅秀麗の葬儀
 を眺めながら呟く「残っていた最後の仕事も、これで終わりだな」
P499戩華の消えた世界。紅秀麗のいない世界。若い王が赤子を抱き
 上げるのを、じっと見つめた後、
いずこかへとかき消えた。

運命が出会う夜:悪夢の国試組】14年前☆鄭悠舜23才・紅黎深22
黄鳳珠22・管飛翔26・来俊臣32・姜文仲32・劉志美30後半の出会い
 わがまま黎深を手なずけた悠舜・あの黄奇人が純真でかわいい!
P510楼閣の二階から悠舜を見下ろす男(戩華王)⇒上階で乱闘勃発
 鳳珠が悠舜を助ける⇒黎深が「金のなる木とみかん」をかかえて
 飛び降りる⇒飛翔が加勢⇒黎深が悠舜を担いで逃げる・初めて
 黎深が他人とかかわる⇒悠舜は黎深との十数年前の出会いを思う
P540鳳珠や飛翔は黎深を変えようとして喧嘩になる。だが
悠舜は
 干
渉しない。黎深を受け入れても、黎深の世界に踏みこまない
 ☆わがまま黎深を手なずけた悠舜との関係がわかる
P522予備宿舎に入り劉子美と会う⇒P568《子美、あなたはまとも
 だったから、耐えられなかったんです。治療すれば治ります》
 《薬、返して。この距離ならアナタを殺せるわ》《依頼通りに?》
 皇毅登場《そこまでだ》☆劉子美の秘密がわかる
P546姜文仲と再会⇒飛翔担当白州冥部官吏(暴力沙汰数十回)
P548☆鳳珠やさしい《子美が間違ったことをしているならやめさせ
 理由があるなら助けになりたい》誰かが吐き捨てた《どうせなら鄭
 悠舜を殺しゃいいのに。及第粋が空く》
悔しくて涙が止まらない。
 自分の時は絶対泣かなかった
。気づけば悠舜を抱きしめていた。
P560《子美は超ヘン》元寺男・黒州州試首席来俊臣《三十後半なら
 可能性はある。赤い丸薬は麻薬。潜入した動機「兇手(きょうしゅ)》
P571《後遺症ですよ。長く悲惨な戦を生き残った兵たちの。薬に手を
 出さないと生きていけない。多くの人を殺した罪悪感が、たった
 数十年で消えると思いますか。そのときの正義だったとしても》
P574牢屋で子美vs悠舜vs戩華《薬が欲しくて気が狂いそう、苦しくて》
 《よく頑張りましたね》《劉子美、大事な友達だったわ。紫州州試及第
 したあと自殺しちゃった。どっかの大貴族から《鄭悠舜も殺してくれ》
 って大金積まれたの》P576《どうしてあなたを殺さなかったって?
 気づいちゃったの。戦の時はどんな命令も絶対服従だったから好き
 な女のコもこの手で殺した。でも今は平和でしょ?好ぎになった人を
 殺さなくたっていいんじゃなぁい?って》でも戦の後遺症がつらい。
 《つまり、死にたいわけか》男が一人、忽然と立っていた《あの男、
 酒楼にいたワ》切っ先が子美の体を貫くP579悠舜と飛翔、文仲と
 俊臣は墓地に来ていた。俊臣が『イケてる読経』をあげた・・・
P581《志美、傷は大丈夫ですか?》《本当にグサっとやるとは思わな
 かったわ。しかも内臓無事なのよ?何あのスゴワザ!》☆本編では
 紅州州牧になった劉志美《旺季殿は完璧すぎる。10年前から用意
 してきた台本だ》と鋭い《悠舜の運命を変えるのは黎深》も的中した
P587《別にやりたかないが仕官することにした。悠舜も一緒に仕官す
 るんだ。勝手に消えるなよ。今度一緒に兄上の邸に連れてってやる
《皇毅、あなたが志美を釈放しないから、戩華王と取引するハメになっ
 たんですよ》《取引通り、殿試まで受けるとは思わなかったがな》
P587かつて悠舜を一瞥(いちべつ)もしなかった少年。あのとき悠舜
 は黎深の世界に存在もしていなかった
☆悠舜が戦をしない王を強く望むのは、志美が苦しんだ戦の悲惨な
 後遺症
を傍で体験したことも理由の一つかな・・・と思える話
☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆--☆
【楽天ブックス】送料無料 <新品>彩雲国物語1-18巻・外伝1-4
        骸骨を乞う・彩なす夢のおわり 雪乃紗衣/由羅カイリ

【ネットショップ駿河屋楽天市場店】送料:300円
 <中古>彩雲国物語1-18巻・外伝1-4 雪乃紗衣/由羅カイリ


          【INDEX】に戻る  【ページ先頭】に戻る


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by NINJA TOOLS

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。