So-net無料ブログ作成

印象派とエコール・ド・パリ展とお江戸日本橋見学 [展覧会(美術館・博物館)]

<2007.10.13>
「吉野石膏コレクション」鑑賞と「お江戸日本橋」見学
日本橋三越本店 


吉野石膏コレクション(山形美術館に寄託) 
クロード・モネ
1880年ヴィトゥイユ、サン・マルタン島からの眺め
1882年サン・ジェルマンの森の中で
1883年ヴェルノン教会の眺め(モネ大回顧展で展示)
1888年ジヴェールニー付近のリメツの草原
1890-91年日傘をさす婦人(モネ大回顧展で展示)
       デッサン・左向き・挿絵用に書かれた作品
1903年テームズ川のチャリングクロス橋(モネ大回顧展で展示)
1906年睡蓮(モネ大回顧展で展示)
ピエール=オーギュスト・ルノワール
1870年森の小径 1874年庭で犬を抱いて読書する少女
1887年シュザンヌ・アダンの肖像 1890年少女
1891年幼年期 1891-1905年赤いブラウスの若い女
1908年エッソワの農園 1914年花帽子の女
マルク・シャガール
製作不詳 自画像 1910年パイプを持つ男
1920年逆さ世界のヴァイオリン弾き 1930年バラ色の肘掛椅子
1935年木陰の恋人たち 1939-44年
1953年サント・シャベル 1956年天使と恋人たち
1962年翼のある馬 1962年画家の白い顔
1973年画家の横顔とヤコブの梯子
1978年道化師と雄鶏 1979年グランドパレード
アルフレッド・シスレー
1872年マントからショワジ・ル・ロワへの道
1888年モレ・シュル・ロワン 1888年モレのポプラ並木
ジョルジュ・ルオー
1908年法官たち 1937-39年占い師 1939年バラの髪飾りの女
アンリ・マチス
1924年白と緑のストライプのブラウスを着た読書をする女性
1924年花とコーヒーカップ
パブロ・ピカソ
1937年マリー・テレーズの肖像 1939年帽子をかぶった婦人
マリー・ローランサン
1927年小さな天使たち 1935年音楽を奏でる娘たち
アンリ・マチス
1924年白と緑のストライプのブラウスを着た読書をする女性
1924年花とコーヒーカップ
カミーユ・ピサロ6点 
1878年ポントワーズの橋 1892年キューガーデンの大温室前 
アンリ・ルソー1905年工場のある町
エドゥアール・マネ1879年イザベル・ルモンエの肖像
エドガー・ドガ1894年踊り子たち、ピンクと緑
ポール・セザンヌ1877-79年サンタンリ村から見たマルセイユ湾
ジャン=フランソワ・ミレー1870年バター作りの女
ジョアン・ミロ1917年ミウラナ村
モイーズ・キスリング1949年背中を向けた裸婦
フィンセント・ファン・ゴッホ1884年雪原で薪を集める人々
カンディンスキー ゆるやかな変奏曲
他コロー・ブーダン・ヴラマンク・マルケ・ブラック・
ユトリロ・ビュッフェ・カサット
 
左:モネ1882年サン・ジェルマンの森の中で(チケット拡大)
 実物は、森の奥に引き込まれそう・・・
 モネの作品では1番になりました
右:ポストカード5枚購入
右上:アンリ・ルソー1896-1906年工場のある町

 ルソーの「緑の色合いとちょっとアンバランスなとこ」
 が好きな私としては、今回も「建物の大きさに比べ
 人間が異常に小さいことを発見」
右中:シスレー1888年モレ・シュル・ロワン
右下:モネ1883年ヴェルノン教会の眺め
左上:マリー・ローランサン1927年小さな天使たち
左下:シャガール1920年逆さ世界のヴァイオリン弾き

吉野石膏㈱はスゴイ!

【お江戸日本橋】東京地方民謡
♪お江戸日本橋 七つ立ち 初のぼり
行列そろえて アレワイサノサ コチャ 
高輪
夜あけて 提灯消す コチャエ コチャエ♪

国の重要文化財・1911年開橋・花崗岩製


        『橋銘は第15代将軍「徳川慶喜」の筆による』

道路中央にある日本国道路元標:日本の道路・五街道
(東海道・中山道・甲州街道・奥州街道・日光街道)の基点
『プレートの文字は当時の総理大臣佐藤栄作の筆による』

「東京市道路元標」と「現在の道路元標」レプリカ
1868年(慶応4年)江戸城下を管轄する江戸府を設置
1889年(明治22年)市制施行で東京市となる
1943年(昭和18年)
第二次世界大戦中に東京都になる
青銅の照明灯 
麒麟」は東京市の繁栄を「獅子」は守護を表している

日本の道路の起点となる日本橋から飛び立つというイメージ
 からそれまでの麒麟の作品には見られない羽を付けた
『日本橋の改築と麒麟像』より

「東京都(東京市)の紋章」に手をののせている獅子

日本橋が初めて架けられたのは
徳川家康が幕府を開いた慶長8年(1603年)
現在の日本橋は明治44(1911年)に完成
橋銘は第15代将軍「徳川慶喜」の筆による』

魚河岸跡
『江戸時代に将軍や諸大名へ調達した御膳御肴の残りを
売り出したことに始まり、近海諸地方から鮮魚を満載した
船が数多く集まり、江戸っ子たちの威勢の良い取引きが
飛交う魚市が立ち並んだ中心的な場所
大正12年(1923年)の関東大震災後
現在の築地に移り東京都中央卸売市場へと発展した』


無料巡回バス「メトロリンク日本橋」

Metro link Nihonbashi
八重洲・京橋・日本橋を結ぶ・毎日午前10時~午後8時
東京駅八重洲口と日本橋の南北のエリアを
約10分間隔で運行
「江戸名所図屏風:
出光美術館所蔵」をリング状にデザイン

          【INDEX】に戻る


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 1

kenta-ok

データが充実していてnice!
by kenta-ok (2007-11-05 00:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by NINJA TOOLS

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。