So-net無料ブログ作成
検索選択

骨波田コツハタの藤・長泉寺(埼玉県児玉町) [花・植物]

”藤”といえば「足利フラワーパーク」が有名
でも・・・ココ「
骨波田の藤」もスンゴ~イ !!

樹齢・・・約650年 
 鎌倉幕府滅亡・室町時代のはじめ頃
 織田信長は200年後登場
花房・・・~1.5m 
 
花房がズンズン伸び上から開花
 <ノダナガフジ・通称ムラサキフジ>

  花房の真下から・・・  

樹齢・・・約550年
*コツハタorコッパタと読む
*開花状況を要確認
*通常5月上旬~


          【INDEX】に戻る


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 1

vui

chiさんのページ、
いつも楽しみにのぞかせてもらっています。
お写真撮るの、と~っても上手いですよね!!
すごさや表情や気持ちが伝わってきます☆

今回も藤、すご~い!!
鎌倉滅亡、室町時代始め頃に芽が出て大きくなって…
想像できないですよ~~。
それからずっと生きて、花を咲かせ続けて…。
すごいなぁ~!
150cmの花房もすごい!!
私の身長は154cm。…勝った♪??

私のつたないブログに来てくださって嬉しかったです☆
ブログからのメールも、ありがとうございました!
by vui (2006-06-03 23:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by NINJA TOOLS

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。